メインイメージ

出店・ワークショップ開催情報

アトリエの場所と営業日
https://galocha.theshop.jp/items/31135559


ランドセルリメイク「ラン卒」
https://galocha-shoes.com/page05

営業日



7/23~26 大名古屋ビルヂング
8/5~11 松坂屋豊田店 2F
9/9~15 新宿伊勢丹 5階リビングフロア、センターパーク
9/23~29 JR名古屋高島屋 9Fクリエイティブギャラリー
10/14~20 星ヶ丘三越 7F「小さな工房ができるコト」
10/21~27名古屋三越栄 4F

その他アトリエで作業中であれば
来店可能ですので連絡ください。

taizan0203@castle.ocn.ne.jp
090-3557-4978
ガロチャ 大山












パッチワークシューズ

メンズ 25.5cm~28.0cm
¥68,000~
レディース 22.0cm~26.0cm
¥59,000~

サボスリッポン

メンズ S、M、L
¥32,000
レディース SS、S、M、L
¥30,000

かかとベルト
¥4,000

コラボ情報

名古屋市の覚王山アパートに
アトリエを持つMARUさん。
ガロチャのパッチワークサボサンダルに
〇を使って様々な表現をしてもらい
世界で一足のアート作品。
https://www.aoien.info/

ガロチャxFun Place コラボ
愛知県を中心にトリミングサロンを運営しているFun Placeさん
とガロチャのコラボで革の首輪を作成させてもらうことになりました。
詳しくは↓
https://galocha.thebase.in/


「人に会いたくなるfigure technologieのスタイル」
「エピス」という、蝶ネクタイのようで、
蝶ネクタイではない。スタイリッシュに
パッと合わせることが出来るアイテム。
1パーツをガロチャの得意とする革の
パッチワークで表現させて頂きました。
http://figure-technologie.com/


愛知県出身の革鞄作家leftyhorseさん
栃木レザーを主に使用したドクターバッグが
特徴的です。
そのドクターバッグの前面フタ部分を
ガロチャのパッチワークデザインを使用して
もらってます。大きくてガバっと開くので
使いやすいですよ。

https://leftyhorse.thebase.in/

プロフィール

ガロチャ
スペイン語でオーバーシューズという意味のスペルの1部分を変えた造語。
今までの概念にとらわれない靴を作りたいという意味が込められています。
1978年生まれ
2004年 独学で革財布や小物を作り始める。
2006年 名古屋のデザインクラフトスクールにて本格的に靴作りを学ぶ。
2009年 山崎靴店にて靴の修理と靴作りのノウハウを学びながらガロチャとしてオリジナルのデザインで靴を作り始める。
2016年 minnneのハンドメイド大賞2016で装苑編集長 児島幹規賞を受賞する。
    https://minne.com/handmade-award/2016
    2016年装苑5月号に掲載されました。
    http://soen.tokyo/culture/feature/minne160406.html