メインイメージ

ごあいさつ

革のパズル職人のガロチャです。

愛知県の自宅の工房にて1足ずつ手作りで革靴や小物を作成しています。
デザインから全ての工程をこだわりを持って1人で行っており、
既製品ではないちょっとした「遊び心を…」をモットーにしています。
革のパッチワークは自分でしか出せない色合わせだと自信を持っています。
手作りでしか作れない靴や小物是非、ご覧ください。




他ではあまり見かけない遊び心のあるワークショップを開催しています。
5人~10人集まれば出張開催大歓迎ですので気軽にお問合せください。
自宅でも家庭用のコンセント(ミシン用)があれば何処でも大丈夫です。
どれも世界で1つのオリジナル商品が作れます。

オーナープロフィール

ガロチャ
スペイン語でオーバーシューズという意味のスペルの1部分を変えた造語。
今までの概念にとらわれない靴を作りたいという意味が込められています。
1978年生まれ
2004年 独学で革財布や小物を作り始める。
2006年 名古屋のデザインクラフトスクールにて本格的に靴作りを学ぶ。
2009年 山崎靴店にて靴の修理と靴作りのノウハウを学びながらガロチャとしてオリジナルのデザインで靴を作り始める。
2016年 minnneのハンドメイド大賞2016で装苑編集長 児島幹規賞を受賞する。
    https://minne.com/handmade-award/2016
    2016年装苑5月号に掲載されました。
    http://soen.tokyo/culture/feature/minne160406.html

オールパッチワーク革靴

パズルの様に1つずつはめ込むようにしてパッチワークした世界でたった1つのオリジナルシューズです。中敷きにまでこだわりました。